かも。の住処

多趣味オタクの雑記ブログです。ラブライブ要素多目

敗北からのLiella!スーパースタート!:ラブライブ!スーパースター!!第12話(最終回)感想【Song for All】

f:id:kamo_nova:20211017195148j:plain

ラブライブ!シリーズ公式Twitterより引用

今週もやってきましたスーパースターのお時間です。

ひとまずの区切りになります。なんか色々延期あったけど長かったようで短かった。

ちなみに裏でCYaRonちゃん流してました。まあしゃろちゃんは見逃してもアーカイブすぐみられるしってことでこっちを。

 

11話の感想はコチラ

kamo-blog.hatenablog.com

 

 


全体としての感想

f:id:kamo_nova:20211017195213j:plain

ラブライブ!スーパースター!!公式サイト-ストーリーより引用

まずはアバン無しのいきなりOP

前回のラ!ス!はありませんでした。いきなりOPってシリーズであったっけ?

 

東京大会はリモート開催。

それぞれのゆかりの場所でステージ作って中継しろってアレ。

そのなかで東京大会へ向けて、周囲とかかわったり、決意を改めるというまあ最終回らしい流れでした。

そのなかでも特に好きだったのはヘッドホンですね。

1話で周囲との壁を作っていた象徴のヘッドホンから脱却するのいいなあ。。。と思ってました。

 

あとクゥすみ、サヤ恋ありがとうございました。

恋さんもうそういうキャラで1期終わったの面白すぎる。桜内が呼んでるぞ。

あと伊達ちゃんの汚い声大好き。ノルマにしてほしい。

 

なんというか1期をトータルすると、「序章」という感じでしたね。

これは2期がほぼ確実に決まっているからこそできる構成だったんだろうと思います。

もちろん全員が1年生というあたりでそこは予想できていましたが。

 

ラブライブの初代は敗北からのスタートというのが凄くフューチャーされていて、それを1期丸々使って描いたって感じですね。

澁谷かのんが本当にスクールアイドルとして踏み出すまでを描いた1期だったと思います。「私を叶える物語」が「みんなと叶える物語」にシフトしたんじゃないのかなあと思いました。

 

気になったところ

澁谷かのんが目指す場所

f:id:kamo_nova:20211017195109j:plain

ラブライブ!シリーズ公式Twitterより引用

みんなは大会や優勝で本気になっている中、自分は歌いたいが第一で本気で優劣を決めることに納得がいってないかのん。

その旨をサニパに相談したら競い合うことでわかる。なぜ勝ちたいかはラブライブに出てみればわかる、と。

確かに元々歌えなかったかのんには確かに歌えること以外の目標って無さそうでしたもんね。スクールアイドルというのはあくまで手段で。

 

そうして挑んだ結果は2位。

やっぱりサニパは強かった。2位とはいえ敗退は敗退。

サニパに負けたことで支えてくれたみんなに何も返せなかったと悔しさを覚えるかのん。そこで初めて絶対に勝ちたい、喜びたいって感情を手に入れたわけですね。

「Liella!」を、「結ヶ丘」を、もっとたくさんの人にと決意を新たに。

君空で「何か目覚めそうだよ」「まだ名もないキモチが」というフレーズがありましたが、このキモチのひとつが悔しい!勝ちたい!ってキモチなんでしょうね。

 

かのんの始まりというか、中学の時の夢は結ヶ丘の音楽科に進んで歌でみんなを笑顔にすること。音楽科というところはかなわなかったけど、ようやく夢のスタートラインに立てたんだなって思いました。

遠回りこそが、本当の近道だった……。

 

Starlight Prologue

f:id:kamo_nova:20211017200948j:plain

ラブライブ!シリーズ公式Twitterより引用

衣装もっこもこで可愛い。クリスマスですもんね。

 

それはそうと、全体的にスノハレオマージュを感じましたね。

キャンドルで生徒が道を示して送り出したり、雪の中走ったり、ステージも含めて完全にスノハレ。

というかセットやばすぎて完全に舞台創造科がいる。

割とAtpもオマージュしてる感。

ここのオマージュはかなり露骨というかわかりやすくやってるので賛否はわかれそうなところはありますね。

 

曲名がStarlight Prologue。星の輝きの始まり。

最終回がプロローグなんですよね。この繋ぎ方は好きだなぁと思いました。おそらく2期は作ること前提だからこそ出来る部分もあるんでしょうけど。

これソロパートは加入順なんですかね。最初の。

なんかTLで1stライブでLiella!カラーに染めよう企画流れてきたけどこれで先取りされて笑った。企画変更するのかな。

 

全体的にアングルが綺麗で凄く良かったなあと。

 

サニーパッション

パァ!(気さくなあいさつ)

キャラデザの問題なんだろうけど冬なのに半袖のサニパ強すぎるだろ。

半袖の上にコート着てて笑っちゃった。

サニパは最後まで強敵であり相談役としての立ち回りでしたね。

一切株を落とさなかったのはありますが、ちょっと描写不足感は否めなかった。

特にライブシーンとかもあのカットだけでワンコーラスすらありませんでしたし。

 

2期はもっとその辺あるといいなと思うと同時にLLDsでの連載で色々掘り下げて欲しいなと。

 

やっぱり当分は乗り越えていく壁になるんでしょうね。多分かのん達より1つ上な感じがありますし。

 

なんか色々あった問題

まず廃校問題。なんかめっちゃ入学希望者も解決して恋パパからの寄付で金も解決した/(^o^)\ナンテコッタイ

まるで初代みたいに一発解決。まあこの辺も初代リスペクトなのか……な?

 

あとクゥクゥ帰国問題、これどうなったんだろうか。

最後のシーンだと普通に練習してた感じですし、なんやかんや解決したんでしょうか?

わからない。

 

まとめ

というわけで終わっちゃいました。ラブライブ!スーパースター!!1期。

これで長かった夏アニメもすべて終了ですね。もう秋アニメはやいところは3話始まってるけど。

まだほんとうにLiella!としてのスタートラインを切ったばかりというところでの締めだったので、綺麗だけどまだまだ先が必要な終わり方だったなと思います。

 

番組後の特報!はなかったですが、まあ近いうちに告知あるかなって思ってます。

ツアーの仙台公演か、追加公演があったらそこでの告知ですかね。

 

ひとます全12話お疲れ様でした!ありがとうございました!

 

新情報

最後のメモリアルアイテムは恒例のタペストリー。

これは文句なしでしょう。

 

ジャケットいいですねえ。

なんか君空と構図が同じ感じがしますが、プロローグということで始まりとかけてるんでしょうか。

やっぱり意識されてるみたいですね。

 

視聴動画来てます。

Day1の作詞、KEN THE 390さんなんですね。ラップパートすき。

Dream Rainbowは合唱のような入りからの明るいアップテンポソング。作曲山口さんじゃないですか~~~~~。アンコール前ラストに歌ってほしい感ある。

 

愛知公演には参戦したいのでこちらはしっかりがっつり買っていきたいと思います。

 

リエラのうた、ライブでやるかなあ?

なんとなく日替わり公演場所替わりでやりそう感ある。

 

こっちは配信はあるけど、挿入歌とか欲しかったら買ってねってパターンっぽいです。

ハンバーグのうた(だいすきのうた)もしっかりCD版には収録されてるっぽいです。

グソクムシののうたもなぜか2曲入ってます。民謡verが子供のころのやつで普通のが現代verなのかな。

 

 

と、いうわけでこれでラブライブ!スーパースター‼の感想記事も一旦完結です!

いままで拙い文章でしたが最後までお付き合いいただきありがとうございました!

2期があって、身の回りに余裕があったらまたまとめようと思いますし、虹ヶ咲2期もやるつもりなのでどうぞ見てやってください。

 

ではでは。